スポンサーリンク

30代で結婚式挙げるのは恥ずかしいのか?やりたくない心理や痛い演出について

この記事は約4分で読めます。

30代で結婚式を挙げることは決して恥ずかしくありません。

今は令和の時代です。その考えは昭和の考え方です。

実際に今の時代30代で結婚する人は4割といわれています。なので結婚式を挙げること自体は全く恥ずかしくありません。

周りのことも考えることができて、資金的にも余裕のある30代だからこそ大人の結婚式ができるのですよ。

迷っているくらいなら、自分の気持ちに忠実に結婚式を挙げてしまいましょう。

この記事ではこんなことをまとめています。

  • 30代で結婚式挙げるのは恥ずかしい理由
  • 結婚披露宴をやりたくない心理とは?
  • 結婚披露宴の痛い演出あれこれ
スポンサーリンク

30代で結婚式挙げるのはなぜ恥ずかしいのか?

 

30代で結婚式を挙げるのははずかしいのかな?

いいや。恥ずかしくなんてないよ。

そうです。

30代での結婚は珍しいことではなくなっています。

結婚をした年齢の4割は男女ともに30歳を過ぎている統計もあるくらい、30代の結婚は一般的となっています。

30代の結婚は、決して恥ずかしいことではないのです。

30代の方がしっかりと働いていた分金銭面でも余裕があり、結婚式や披露宴を挙げている人は多くなっています。

「30代だし、恥ずかしいな」と思っているかもしれませんが、結婚式を挙げてないことを後悔している人は結婚式を挙げていない人の半数を超えているという話もあるくらいです。

恥ずかしいと思っている要因をひとつずつ解決して、後悔しないように自分の気持ちに素直になりましょう。

やり方はいろいろあるはずです。

結婚式をやりたくない心理とは?

30代だってウエディングドレスは着たいはずです。

ウエディングドレス着てもいいかな?結婚式を挙げても恥ずかしくないかな?
なんて何故考えてしまうのでしょう。

何故、結婚式をやりたくないのでしょう。

次の理由が挙げられます。

・30歳を過ぎてからの挙式は、同僚や上司の目が気になって気が進まない
・ドレスを着たいけれど「いい年をして」と言われそうで恥ずかしい
・祝福ムードの中でも年齢が気になって素直に喜べない

30代は、きちんと周りことや状況がわかる大人の年代。
だからこそ、素直に喜べなかったり恥ずかしいことではないのに恥ずかしく感じたり人目を優先しまいがちです。

年齢を気にするあまり、祝福ムードの中で自分だけが浮いてしまうのではないか、30代にもなって結婚式なんて挙げてると思われているのではないかなど心配が先に立ち「結婚式でお祝いされている自分」を想像できないでいるのではありませんか。

30代だからこそできる大人の結婚式があるはずです。

痛い演出にならないように次を参考にしてください。

スポンサーリンク

結婚披露宴の痛い演出について

結婚式の演出は本当にさまざまです。

新郎・新婦のアイデアや来賓の方への感謝の表し方で個性が出るものが多いですね。

痛い演出を調べていたらいろいろな話が出てきました。

・新郎新婦がずっとイチャイチャしていてお祝いの言葉を聞かない
・お色直しばかりしている
・料理がまずい
・自分たちだけが楽しめる余興

などがありました。

痛い演出は30代の方がしないのではないでしょうか。

周りに気を配れ、自分たちのことを冷静に見ることのできる30代だからこそできる
大人の落ち着いた演出が出来ると思います。

体形が気になるのならドレスの形を考えれば良いこと、ドレスが恥ずかしいのなら和装に、大勢が苦手なら身内のみにすることもできます。

結婚式は、育ててくれた両親への感謝の日でもあり、周りの方々へ結婚した報告、これからの2人を見守っていただくというお願いの日でもあります。

いろいろなことが考えられる30代だからこそ、心からのおもてなしができると思います。

まとめ

30代の結婚式を挙げることは、恥ずかしいことではありません。

年齢とか、周りの目などを気にして結婚式を挙げないのはもったいないです。

最優先しなくてはいけないのは、ふたりの気持ちです。

ドレスが気になるならデザインを変える、和装にする、大勢が苦手なら身内のみで、
工夫すればふたりらしい結婚式が挙げられるはずです。

心のどこかで迷っているのなら、結婚式場のプランナーの方に相談することも可能です。

ふたりにとって納得のできる素敵な結婚式を挙げてくださいね。

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました