スポンサーリンク

[本ページにはPRが含まれています]

卒業する時の先生へのメッセージ例文とアイデアを紹介。

この記事は約6分で読めます。

これから先の新たな始まりを祝う卒業式では、これまでの努力や成長を称える素晴らしい機会です。感謝の気持ちを先生に伝えるために、ぜひ「寄せ書き」を贈ってみませんか?

寄せ書きを贈りたいけれど、

「どのような言葉を選べばいいのだろうか?」

「気をつけるべきポイントやマナーは何か知りたい」

「思いがたくさんあり、まとめるのが難しい」

といった悩みを抱える方もいらっしゃるかもしれません。

記事では、書く際のポイントやコツ、さらに例文を紹介しています。書き始める際に迷ったり、マナーについて不安がある方はぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

卒業での寄せ書きメッセージの書き方における重要なポイント

気軽な言葉もOK!ただし、礼儀を欠かさずに

先生との関係が親しい場合は、くだけた言葉でも問題ありません。

お互いに冗談を言い合ったり、相談を受けたりする仲なら、気軽なトーンでも良いでしょう。ただし、相手が不快になるような言葉は避けましょう。

将来振り返っても素敵な思い出になるようなメッセージを選ぶのがおすすめです。

簡潔にメッセージを残す

関係が深くないと感じる先生でも、寄せ書きを書かないのは避けた方が良いです。

クラスやチームの仲間が感謝の言葉をもらえなかった場合、残念な気分になる可能性があります。

たとえ一言の「ありがとうございました」でも、簡潔にメッセージを残すことがおすすめです。

スポンサーリンク

先生への寄せ書きメッセージの書き方のコツ

寄せ書きを書く際、アイデアが浮かばない方や多くてまとめきれない方もいるでしょう。そんな方に向けて、寄せ書きを書く上でのコツを紹介します。

感謝の気持ちを表現する

お世話になった先生への感謝の気持ちをしっかりと伝えましょう。

数年の間に渡り、先生たちは私たちの成長を見守ってくれました。「ありがとうございました」や「お世話になりました」といった一言でも、その感謝の気持ちは大切に伝わります。

共有した思い出を振り返る

先生と過ごした日々の思い出を振り返り、綴ってみましょう。

体育祭や文化祭などのイベントだけでなく、授業や助言に関する感謝の気持ちも忘れずに。

これにより、寄せ書きは将来に残しておきたい印象的なメッセージに仕上がります。

将来の目標を共有する

過去の思い出だけでなく、将来に向けた目標や展望も伝えてみましょう。

先生から学んだことがどれほど役立っているかを伝えることで、喜んでもらえることでしょう。

スポンサーリンク

お世話になった先生への感謝を込めた寄せ書きメッセージ例文

親しくお世話になった先生へ

お世話になった先生との親密な関係において、感謝の気持ちだけでなく、具体的な思い出を挙げることで、より印象深いメッセージになります。

〇〇先生へ

○年間お世話になりました。

進路に悩んでいた際、一緒に考えてくれてとても嬉しかったです。先生との対話のおかげで、本当に自分の進むべき道が見え、進路を決めることができました。

本当にありがとうございます。これからも温かいお心でいてください。

〇〇先生へ

これまでお世話になりました。

先生の面白くてわかりやすい授業のおかげで、学ぶことの楽しさを知ることができました。これからも先生の教えを大切にし、学び続けていきたいと考えています。

感謝の気持ちを込めて、本当にありがとうございました。

〇〇先生へ

○年間お世話になりました。先生がいるクラスは最後まで明るくユーモアのあるクラスで、○年間とても楽しく過ごすことができました。

これからもクラスを明るくする先生でいていただけたら嬉しいです。引き続きよろしくお願いします。

先生との思い出が少ない場合の寄せ書きメッセージ例文

思い出があまりない、書くことが浮かばない場合でも、社交辞令のようなメッセージでも問題ありません。先生に対する気遣いの言葉を添えると良いでしょう。

〇〇先生へ

先生のおかげで無事に卒業できました。これからも生徒思いな先生でいてください。○年間お世話になりました。

〇〇先生へ

○年間お世話になりました。先生の授業はとても楽しかったです。これからも元気な先生でいてください。

〇〇先生へ

○年間ありがとうございました。もっと先生とお話をしたかったです。また機会があればお話しましょう。これからも優しく元気な先生でいてください。

保護者から先生への寄せ書き例文【保育園・幼稚園の場合】

学校の卒業と同様に、保育園や幼稚園でお世話になった先生にメッセージを贈りたいと考える保護者の方もいらっしゃるでしょう。

子供の成長を見守り、支えてくれた園の先生への感謝の気持ちを伝えることで、喜んでいただけるメッセージになります。

〇〇先生へ

息子は少し病弱で、熱を出したり風邪を引いたりと、何度かご迷惑をおかけしました。

私が息子のことで悩んでいる時には、いつも優しく話を聞いていただき、本当にありがとうございました。

先生のおかげで息子はここまで成長でき、本当に嬉しく思います。○年間お世話になりました。

〇〇先生へ

○年間お世話になりました。入園時は初めての集団行動で、娘はよく泣いていました。

〇〇先生が優しく声をかけてくれたり、遊んでくれたおかげで、その後は娘は毎日楽しそうでした。

来年からは小学生です。娘もランドセルを持って楽しみにしています。○年間ありがとうございました。

〇〇先生へ

○年間本当にお世話になりました。長い間、息子を見守っていただきありがとうございました。

息子の成長を一緒に喜んでくださる先生に出会えたこと、本当に嬉しく思います。

さまざまなご迷惑をおかけしたかと思いますが、先生のおかげで息子は多くのことを学び、心身ともに成長できました。本当に今までありがとうございました。

寄せ書きは何に書くのがおすすめ?

色紙に手書きの寄せ書きを

寄せ書きといえば、多くの人が色紙を思い浮かべるでしょう。

色紙の良い点は、手書きならではの気持ちのこもりやすさです。余白に絵やデザインを施すことで、相手に合わせたオリジナルな色紙を作成できます。

ただし、一枚一枚の色紙を回す手間や、焦って書き損じてしまう可能性も考慮する必要があります。

時間がかかることや、メッセージのかき損じに気を付けなければならない欠点もあるので、慎重に進める必要があります。

メッセージカードを活用する

各自がメッセージカードに書いて、最後にまとめる方法もあります。

個々のペースで書くことができ、好みのカードを選べるため、それぞれの個性が反映された寄せ書きに仕上がります。

同じカードを使えば統一感が生まれ、集めたカードを台紙に貼ったり、リングでまとめたりしてオリジナルな寄せ書きができます。

オンラインの寄せ書きサービスを利用する

色紙やメッセージカードとは異なり、オンライン上ですべてが完結する寄せ書きも一つの方法です。

オンラインメッセージのメリットは、なかなか会えない人たちでもサイトを共有することで寄せ書きにメッセージを残せる点です。

大人数であっても簡単にメッセージをまとめることができます。写真や動画も添付できるので、思い出をより具体的に伝えることができます。

スマホやパソコンから手軽に作成でき、手間や時間のかからない点も魅力の一つです。

まとめ

今回の記事でご紹介してきた寄せ書きメッセージの例文は、卒業の際に先生に感謝の気持ちを伝える際のヒントとしてご活用ください。

各人との関係は異なるため、最終的には自分なりの言葉で感謝の気持ちを表現することが最適です。

特別な言葉は必要ありません。単純に感謝の意を伝えることが大切ですので、ぜひお試しください。

お世話になり、感謝しています。これだけでも、先生は嬉しい気持ちになることでしょう。

もし悩んでいるなら、まず感謝の気持ちをしっかり伝えてから卒業することをおすすめします。

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました