スポンサーリンク

[本ページにはPRが含まれています]

上司が異動のときのメッセージ例文!NGワードやおすすめの誉め言葉など紹介

この記事は約6分で読めます。

上司が転勤する場合、通常、その上司の所属する部署から異動に関する通知が発信されることがあります。

転勤のお知らせをどのように伝えるべきかに悩むことがあります。

そこで、上司が異動する際に最適なメッセージを送るための例文や尊重の念が伝わる文例をご紹介いたします。

スポンサーリンク

上司が異動する時のメッセージ例文

尊敬する○○課長(上司の苗字・役職名)へ

新たなステージ、○○(異動先会社名・部署名)でのご栄転、心よりお喜び申し上げます。

入社以来、私の至らない点を丁寧にご指導いただき、いつも感謝の気持ちでいっぱいです。 ○○課長にはお世話になりっぱなしで、苦労ばかりをかけてしまいました。振り返れば、申し訳なく思うことで胸がいっぱいです。

○○課長から学んだことは、これからも心に刻み込み、精進し続けます。 今後のご健康とご活躍を心よりお祈りしております。本当にありがとうございました。

スポンサーリンク

異動する上司への感謝と尊敬の気持ちを込めた文例

尊敬する○○課長(上司の苗字・役職名)へ

この○年間、大変お世話になり、ありがとうございました。

業務の理解が難しく、至らない私に対して、○○課長はいつもお世話になりっぱなしでした。それでも、粘り強いご指導に感謝しています。○○課長のお陰で、私は成長することができました。

お身体に気をつけて、ますますのご活躍を心よりお祈り申し上げます。どうもありがとうございました。

スポンサーリンク

仲の良かった異動する上司への祝福メッセージ例

尊敬する○○課長(上司の苗字・役職名)

○○(異動先会社名・部署名)へのご栄転、おめでとうございます。

○○課長の存在があったおかげで、私たちの所属する○○課(所属部署名)はいつも笑顔に包まれ、楽しい職場でした。あなたは私たちの笑顔、元気、やる気の源です。

私は常に仕事をする中で、○○課長の背中を見続けてきました。目標とする○○課長のような立派な人物になるために、○○課長が教えてくださったことを忘れず、これからも業務に励んでいきたいと思います。

これまで本当にありがとうございました。

親しくない上司への異動メッセージの慎重な送り方

異動の際に親しくない上司へのメッセージを検討する際、どのような表現が適切か悩むことがあるでしょう。

ただし、適切なメッセージが思い浮かばないからといって、事実と異なる内容を伝えることは避けるべきです。

上司も異動メッセージを受け取った際、「この部下とはあまり親しい関係ではなかったはず」と疑念を抱くかもしれません。

自然な形で異動を祝福するメッセージを心掛け、中立的で分かりやすい内容を選ぶことが重要です。

必要なのは感謝と期待の言葉

親しくない上司への異動メッセージには、欠かせない表現があります。それは、「感謝と期待の言葉」です。

感謝の言葉は「今までご指導いただきありがとうございました」といったシンプルな表現でも十分です。この一言の有無で、異動メッセージの印象が変わることもあります。

期待の言葉には、「今後のご活躍をお祈りします」といった一言が適しています。上司が新たな場所での活躍を祈る気持ちが伝わる表現があれば、丁寧なメッセージに仕上がります。

感謝と期待の言葉が込められたメッセージなら、親しくない上司でも「ありがたい」と感じる内容となるでしょう。

異動する人へ使ってはいけない言葉があります。

異動メッセージを書く際には、気を付けるべき言葉があります。例えば、「落ちる」、「倒れる」、「失う」、「燃える」などが該当します。

結婚式のメッセージでは、「帰る」や「去る」といった言葉が縁起が悪いとされています。

異動メッセージでも同様に、「栄転というめでたい出来事に縁起の悪い言葉は避ける」という暗黙のルールが存在します。

例えば、「落ち込んだ私を慰めてくださって」という表現があるかもしれませんが、ここでは「悩んでいた私を慰めてくださって」と表現を変えましょう。

同様に、「仕事で失敗をした時に」という表現もあるでしょう。その際には、「仕事で至らない事ばかりの私を」と言い換えることが適切です。

特に親しくない上司への異動メッセージでは、NGワードを避けて内容を慎重に構築することが重要です。

失礼のない言葉選びが大事

相手が親しくない上司であっても、冷淡な表現のメッセージは避けるべきです。

上司はつまり、メッセージを送る人よりも上の立場にいる方です。社会人として、本音と建て前を明確に区別しましょう。

例えば、「○○課長の事はあまり良く解りませんが」といった、「貴方の事をよく知りません」というアピールは避けるべきです。

この表現では冷淡で、態度が悪い異動のメッセージと受け取られてしまいます。そういった表現を使わずに、「○○課長と一緒に仕事をする機会は少なかったのですが」と書き換えるようにしましょう。

異動したらもう無関係とはなりません

親しくない上司が異動しても、貴方(貴方の勤め先)と上司との関係が完全に終わったわけではありません。

異動先の会社が貴方の勤め先会社の取引相手になる可能性もあり、再び仕事を共にする機会もあるでしょう。

「もうお会いする機会はありませんが」とか、「もう一緒に仕事をすることはないと思いますが」といった言葉は避けるべきです。

こうした場合、本音で「もう機会はないだろう」と思っていても、「またご指導いただければ嬉しく思います」といった建て前の表現が重要です。「まだ上司と仕事をする機会がありますように」といった内容に言い換えることが適切です。

誉め言葉を散りばめましょう

親しくない上司に対して、良い印象を残し、遺恨を残さないようにするためには、メッセージに褒め言葉を加えることが有益です。

たとえば、「○○課長の仕事ぶりを見習ってきました」とか、「○○課長のおかげで職場はいつもポジティブで笑顔が絶えませんでした」といった表現が考えられます。

ただし、注意点として、言葉を過度に盛り上げすぎないことや、嘘のメッセージを書かないことが重要です。

上司が多くの社員から尊敬されるタイプであれば、「背中を見て」や「目標として」仕事をしたと述べることが適切です。

上司がコミュニケーションが得意であれば、「部署は○○課長のお話で笑顔いっぱいになりました」といった、陽気な内容を選ぶと良いでしょう。

その結果、親しくない上司も「あまり交流がなかった部下だけど、よく周りを観察しているんだな」と好感を抱くでしょう。

まとめ

転勤する立場としては、これまで一緒に働いてきた仲間と離れるのは寂しいし、「次の部署で上手くやれるだろうか」という不安もあります。

転勤の立場を考え、自分ならどんなメッセージが喜ばれるかを考慮することが大切です。

「新しいスタートを切ろう!」という励ましの言葉を伝え、良好な関係を維持できるようにしましょう。

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました