スポンサーリンク

[本ページにはPRが含まれています]

グリコ アーモンドキャラメルが売ってないのはなぜ?生産終了?どこに売ってるか検証

この記事は約4分で読めます。

アーモンドキャラメルは、グリコブランドの製品で、ドンキホーテ、100円ショップ(ダイソー、セリアなど)、イオンなどのスーパーマーケット、成城石井、コンビニエンスストア、ドラッグストア(マツモトキヨシ、ツルハ、ウエルシアなど)、駄菓子屋などで販売されています。

しかしながら、これらの店舗でもアーモンドキャラメルが入手できないことがよくあります。

なかなか売ってないのでもしかして生産終了??と勘違いしている人が多いですが、まだ売ってます。

すぐに欲しいなら通販で買えますよ。

ちなみにおまけ付きのグリコキャラメルも通販なら普通に売ってます。ちょっと高いですが。

スポンサーリンク

グリコ アーモンドキャラメルが売ってないのはなぜか?

主に2つの理由から、グリコのアーモンドキャラメルが入手できない状況が生じています。

オモチャ付きお菓子の需要低下

グリコのアーモンドキャラメルは1950年代から販売が開始され、当初はオモチャ付きお菓子として大変人気がありました。

しかし、近年においては遊びの多様化などが影響し、オモチャ付きお菓子への需要が低下しています。これに伴い、グリコはアーモンドキャラメルの生産量を減少させ、販売店も減らす方針をとっています。

原材料価格の上昇

アーモンドはアーモンドキャラメルの主要な原材料の一つであり、近年、世界的な需要増加や天候不順などにより、アーモンドの価格が高騰しています。

これにより、グリコはアーモンドキャラメルの価格を引き上げざるを得ず、これが販売店の減少の一因となっています。

ただし、グリコ アーモンドキャラメルは現在でも一部のスーパーマーケット、コンビニエンスストア、オンラインショップなどで入手可能です。

また、2023年には「アーモンドグリコ ポケセレ」というレトロなパッケージデザインの商品が登場し、一定の需要が見られています。

将来的には、オモチャ付きお菓子の需要が回復するか、アーモンドの価格が安定する場合には、グリコ アーモンドキャラメルの販売が再び拡大する可能性があります。

スポンサーリンク

グリコのキャラメルのおまけの現在はどう?

2024年1月12日時点において、グリコ キャラメルのおまけは、独立しても、家庭内のアイテム(たとえば、ペットボトルの蓋やゴムバンドなど)と組み合わせても、創造的な遊びが可能なおもちゃとなっています。

このおまけは全10種類あり、それぞれ異なる遊び方が用意されています。

たとえば、車や飛行機などの乗り物、動物や恐竜などの生物、おもちゃのブロックなどが含まれます。

さらに、2022年11月22日には、グリコ発売100周年を記念して「クリエイターズグリコ」が登場しました。

この製品には、建築家の隈研吾氏やゲームクリエイターの堀井雄二氏など、日本を代表する10名のクリエイターがデザインしたおまけがついています。

グリコ キャラメルのおまけは、多くの人にとって子供時代の懐かしい思い出となっており、今でも子供たちを楽しませるためのおまけとして販売されています。

スポンサーリンク

グリコキャラメルの「1粒で二度おいしい」の意味は?

グリコ キャラメルの「1粒で2度おいしい」とは、同時にアーモンドの香ばしさとキャラメルの濃厚な風味を楽しむことができるというグリコのキャッチフレーズです。

とても上手なキャッチフレーズですよね?一度聞いたら忘れないというか。

アーモンドグリコは、カリフォルニア産アーモンドのクラッシュが練り込まれており、香ばしさと独特の食感が特徴のキャラメルです。

一口噛むとアーモンドの香りが口いっぱいに広がり、その後にはキャラメルの濃厚な風味が口内に広がります。

この商品では、異なる二つの味わいを同時に楽しむことができるため、「1粒で2度おいしい」という表現が採用されています。

このキャッチフレーズは、アーモンドグリコが昭和30年に初めて発売された頃から使用されており、時を経て親しまれ続けています。

まとめ

グリコアーモンドキャラメルはどこにも売っていないので生産終了ということではなく、生産数自体少なくなっているので見かけにくくなったということです。

現在でも売っている所はあります。

なかなかコンビニでは売っていませんがね。

見つけたらラッキーです!食べてみると懐かしい味に感動するでしょう。

ネットではちょっと値段が高いですが、手に入れることはできます。

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました