スポンサーリンク

[本ページにはPRが含まれています]

グループLINEから友達追加する時の心理は?それって脈あり?どう思うか心理を探る

この記事は約4分で読めます。

グループLINEからの友達追加の背後には、複雑な感情が渦巻いていることがあります。

グループ内でのコミュニケーションは楽しい一方で、中には積極的に友達追加してくる人もいます。

その際に生じる感情について気になることもあるでしょう。

この記事では、友達追加の心理を詳しく探っていきます。

スポンサーリンク

グループLINEから友達追加する人は恋愛の進行を重視しています

真面目な性格の方や恋愛に不慣れな人は、ステップを踏むことを重要視することがあります。そのため、最初にLINEグループに参加し、そこからゆっくりと友達追加を進めようとしています。

グループ内でのやりとりを通じて、相手を深く理解する時間を持つことで、次の恋愛ステップに進む際に安心感を得ることができるでしょう。

相手を十分に知らないまま急いでLINEで登録すると、親しみやすさが損なわれる可能性も考えられます。

まずは相手を徐々に知り、その後に個別のコミュニケーションに進む段階を踏むことで、恋愛においても冷静な気持ちで進展させることができるでしょう。

スポンサーリンク

グループLINEでの会話からあなたを意識している可能性も

グループ内でLINEをやりとりする中で、相手を特別な存在として自覚する瞬間があります。

以前はただの異性として見ていたかもしれませんが、グループでのやりとりを通じて「素敵な人だな」と感じることがあるでしょう。

自分自身がそんな気持ちになることに戸惑いを感じることもあるでしょう。しかし、明らかにその人が自分にとって大切な存在であると感じる瞬間は、嬉しいものです。

この感覚が友達追加につながることもありますが、周りに気づかれたり、相手が他の人に伝えることに不安を感じる場合もあるため、直接電話などで確認をとってから行動することもあります。

スポンサーリンク

グループLINEでのやり取りに興味を失った可能性も

グループでのLINEのやりとりに飽きてしまうことは少なくありません。

特に好意を持っていなくても、異性と個別のLINEがより楽しいと感じる瞬間があるでしょう。

これが「この人とは仲良くなりたいな」という気持ちに繋がり、結果的にグループから友達追加する心理に至ります。

実際に異性と二人でLINEをしてみると、それが自分に合っていると感じることもあるでしょう。ただし、恋愛感情が芽生えるとは限りません。

しかし、友達追加を受けた側は「これは好意の表れかもしれない」と考えることもあるでしょう。

このような誤解を避けるために、やりとりを進める前に相手の気持ちを確認することが重要です。

グループLINEで恋愛感情が芽生えた?

グループのLINEで、特定の相手に対して告白したい気持ちが湧いても、その実現は難しいものです。

一心にその人に愛情を示したいと思っても、それが制約されていると感じ、諦めるしかないと考える人もいるでしょう。

しかし、状況をよく考えると、友達追加をすれば告白や愛情表現が可能であることに気付くことがあり、急いでその行動に出ることもあります。

相手にとっては突然のことで驚くこともあるかもしれません。また、グループで楽しくLINEをしている中で、相手が脈ありと感じていた可能性も考えられます。

そのため、相手から友達追加をされることで、「やっぱりそうだったんだ」と感じることもあるでしょう。

告白や愛情表現を受けると、自分の気持ちに真剣に向き合う契機となることもあります。

「自分はこの人をどう思っているのだろう…」と悩む中で、相手からの愛情を受けた場合、それにどう応えるかを考え、答えを出す必要が生じるでしょう。

グループではなくあなたとの距離を縮めたいと思っているのかも

現状では相手との距離を感じながらも、もう少し親密になりたいという思いがあることがあります。

そのため、その機会を待つしかないと考える場合もありますが、なかなか訪れない場合は自ら行動することを決意することもあります。

自分にとってはかなり勇気が必要な行動でも、相手との親交を深めたいという強い気持ちから、グループから友達追加する心理に至ることもあります。

後から振り返れば「焦らなくてもよかったかもしれない…」と感じることもあるでしょう。しかし、タイミングによっては、その行動が相手との親交を深める絶妙な時期だったという可能性もあるのです。

このような瞬間には、相手の反応を注視し、自分の感覚を大切にして行動することが重要です。

まとめ

グループLINEから友達追加リクエストを送る心理には、相手と仲良くなりたいという欲望だけでなく、「今の日常を変えたい」という衝動から行動することもあります。

感情に基づく行動傾向が強いため、同じアプローチを恋愛にも取り入れることが考えられます。

相手は時折驚きや戸惑いを感じるかもしれませんが、自分の気持ちに素直になり、この機会を利用して相手と親交を深めることも一つの方法です。

グループの中にとどまっていると、距離が縮まりにくい状況がよく見られます。

 

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました