スポンサーリンク

[本ページにはPRが含まれています]

「どっちの料理ショー」はなぜ終わったのか?不祥事の驚きの理由や独特なルール、決め台詞、神回そして復活はあるのか解説

この記事は約8分で読めます。

1997年から2006年まで、日本テレビ系列で放送されていた料理バラエティ番組「どっちの料理ショー」。当時は、視聴率20%を超える人気番組で、多くの人に親しまれました。

そんな「どっちの料理ショー」は、なぜ終了したのでしょうか?

その理由は、番組の面白さが薄れてしまったことにあると言えるでしょう。

「どっちの料理ショー」は、毎回2つの料理が対決し、どちらの料理がおいしいかを視聴者投票で決める番組です。

このフォーマットは、当時は斬新でしたが、次第にマンネリ化してきました。

また、番組のテーマである「特選素材」も、当時は珍しい食材でしたが、近年では、スーパーでも簡単に手に入るようになりました。

そのため、番組の面白さが薄れてしまい、視聴者の興味が薄れてしまったことが、終了の原因の一つと考えられます。

さらに、番組のスポンサーも、番組の人気低下によって、離れていきました。

スポンサーが減少したことで、番組の制作費が確保できなくなり、終了の決断を下すことになったのです。

また、出演者の不祥事も番組終了の理由に挙げられます。

このように、「どっちの料理ショー」は、番組の面白さが薄れてしまったことや、スポンサーの減少など、さまざまな要因が重なり、終了に至ったと言えるでしょう。

スポンサーリンク

「どっちの料理ショー」の独特なルールの秘密とは?

1997年から2006年まで、日本テレビ系列で放送されていた料理バラエティ番組「どっちの料理ショー」。

当時は、視聴率20%を超える人気番組で、多くの人に親しまれました。

この番組の特徴の1つは、その独特なルールです。

番組では、毎回2つの料理が対決し、どちらの料理がおいしいかを視聴者が投票して決めます。しかし、その対決には、いくつかのルールがあります。

そのルールの1つは、1つの料理を1組の料理人が担当するということです。そのため、1つの料理は、必ず1つのお店の味になります。

もう1つのルールは、料理には、必ず「特選素材」と呼ばれる、特別な食材を1つ使用しなければならないということです。

そのため、料理人は、その食材の特徴を生かした料理を工夫して作ります。

そして、最後のルールは、対決では、料理の味だけでなく、見た目や盛り付けなども審査されるということです。

そのため、料理人は、味だけでなく、見た目にもこだわって料理を仕上げます。

これらのルールは、番組の面白さや、料理の魅力を引き出すために、工夫されたものと考えられます。

1つの料理を1組の料理人が担当するルールによって、それぞれのお店の個性やこだわりが、料理に反映されます。

また、料理人の腕や工夫が、直接対決で競われるため、視聴者もより手に汗握る展開を楽しむことができます。

料理には、必ず「特選素材」と呼ばれる、特別な食材を1つ使用しなければならないルールによって、料理のおいしさや見た目の華やかさがアップします。

また、普段はあまり目にしない食材に触れられるため、視聴者の食への興味や関心を高める効果も期待できます。

対決では、料理の味だけでなく、見た目や盛り付けなども審査されるルールによって、料理の総合的な完成度が問われます。

また、料理を単においしいだけでなく、見た目にも美しく仕上げることが、料理人の腕の見せどころとなります。

このように、「どっちの料理ショー」の独特なルールは、番組の面白さや、料理の魅力を引き出すために、工夫されたものと考えられます。

これらのルールによって、番組は多くの人に愛される人気番組となりました。

スポンサーリンク

どっちの料理ショーの「撤収!」の決め台詞の裏側

番組の特徴の1つは、その決め台詞「撤収!」です。この台詞は、料理の完成を知らせる合図として、司会者が叫びます。

この決め台詞は、番組の人気とともに、多くの人に定着しました。しかし、この決め台詞には、意外な裏話があるのです。

実は、この決め台詞は、番組のプロデューサーが考えたものではありません。番組の初回収録の際に、司会の関口宏さんが、何気なく叫んだ言葉が、そのまま決まったのです。

関口さんは、料理の完成を知らせる合図として、何かしらの言葉を叫ばなければいけないと考えていました。しかし、何を叫べばいいのか、なかなか思い浮かばなかったそうです。

そんなとき、関口さんの頭の中に、突然、「撤収!」という言葉が浮かんだそうです。これは、料理人の仕事を「撤収」にたとえたことから生まれた言葉です。

関口さんは、この言葉を叫んでみたところ、スタッフや出演者から、「いい!」という声があがったそうです。こうして、偶然生まれた「撤収!」の決め台詞は、番組の人気とともに、多くの人に定着することとなりました。

この決め台詞は、番組の面白さや、料理の魅力を引き出すのに、大きく貢献したと言えるでしょう。また、番組を象徴する言葉として、今もなお多くの人に親しまれています。

スポンサーリンク

「どっちの料理ショー」が終了した理由はアナウンサーの不祥事?

2006年3月に突如、番組が終了。

その理由は番組の副司会を務めていた日本テレビアナウンサーのSさんの不祥事と考えられています。

Sさんは、2005年12月、当時高校生だった女子生徒のスカートの中を盗撮したとして、警視庁に逮捕されました。この事件は、大きな社会問題となり、Sさんは日本テレビを解雇されることとなりました。

Sさんの不祥事は番組の評判を大きく落とし、番組の継続を困難にしました。

また、噂ですが番組の司会を務めていたKさんの不祥事とも言われています。

不祥事の内容は真実がつかめないので書きませんが、噂が上がるということは何かしらの問題があったのかもしれません。

そのため、番組の制作スタッフは、Sさんの不祥事も考慮し、番組の終了を決定することとなりました。

この不祥事はテレビ番組の制作において、出演者の言動がどれほど重要であるかを示すものと言えるでしょう。

また、この事件は、女性へのセクシャルハラスメント問題の深刻さを浮き彫りにしたものでもあります。

「どっちの料理ショー」伝説の神回に隠された真実

番組には、多くの名回がありますが、中でも「神回」として有名なのが、2005年2月2日に放送された「焼きそば」対決です。

この対決では、どちらのチームも、創意工夫を凝らした焼きそばを披露しました。その結果、視聴者投票の結果は、僅差で引き分けとなりました。

この神回には、多くの視聴者が感動したと言われています。また、この放送によって、焼きそばの人気が高まったとも言われています。

しかし、この神回には、意外な真実があったのです。

実は、この対決は、当初は、別の料理で行われるはずでした。しかし、収録当日、どちらのチームも、予定していた料理を思うように作ることができなかったのです。

そのため、急遽、焼きそばで対決することとなったのです。

このことは、当時の番組スタッフも、あまり公表していなかったそうです。しかし、近年、このことが明るみに出たことで、この神回の価値は、より高まったと言えるでしょう。

この神回は、単に料理の腕を競った対決ではなく、料理人の創意工夫や、番組スタッフの柔軟な対応によって、実現した奇跡の出来事であったと言えるでしょう。

また、この神回は、視聴者にも、料理の可能性や、テレビ番組の面白さを再認識させてくれたものと言えるでしょう。

「どっちの料理ショー」復活の可能性は?

2006年3月に「どっちの料理ショーは終了しました。

その後、番組の復活を望む声は、根強くあります。

2023年には、番組の復活を記念したイベントが開催され、多くの人が集まりました。また、2024年には、番組の復活を検討するプロジェクトが立ち上がりました。

このように、番組の復活に向けて、動きは出てきています。

では、番組の復活は、本当に実現するのでしょうか?

その可能性は、十分にあると言えるでしょう。

まず、番組の人気は、今もなお根強いです。番組の復活を望む声は、多くの視聴者から寄せられています。

また、番組のフォーマットは、現代でも通用するものと言えるでしょう。番組の独特なルールや、決め台詞は、多くの人に親しまれています。

さらに、番組の復活には、大きな可能性もあります。

近年、料理に対する関心は、高まっています。また、SNSの普及によって、料理の情報が簡単に手に入るようになりました。

そのような状況の中で、番組の復活は、多くの人に受け入れられる可能性があると言えるでしょう。

もちろん、番組の復活には、いくつかの課題もあります。

まず、番組の司会を務める人物をどうするかという問題があります。草彅剛さんのような、国民的な人気を誇る人物を見つけることは、容易ではありません。

また、番組のスポンサーをどうするかという問題もあります。番組の不祥事によって、スポンサーを失った経緯があります。

これらの課題をクリアできれば、番組の復活は、実現する可能性が高いと言えるでしょう。

今後の動向を注視していきたいと思います。

まとめ

1997年から2006年まで放送された「どっちの料理ショー」は、多くの人に愛された番組でした。しかし、2006年に終了し、今もなおその復活を望む声が絶えません。

その理由は、番組の面白さが薄れてしまったことにあります。

毎回2つの料理が対決するシンプルなフォーマットは、当時は斬新でしたが、次第にマンネリ化してきました。

また、番組のテーマである「特選素材」も、近年ではスーパーでも簡単に手に入るようになったため、新鮮味が薄れてしまいました。

さらに、番組のスポンサーも、番組の人気低下によって、離れていきました。スポンサーが減少したことで、番組の制作費が確保できなくなり、終了の決断を下すことになったのです。

「どっちの料理ショー」の復活を実現するためには、これらの問題を解決する必要があります。

まず、番組のフォーマットをリニューアルする必要があります。例えば、料理のジャンルや対戦形式を変更したり、海外の料理をテーマにした対決をしたりすることで、新鮮さを保つことができます。

また、スポンサーの確保も重要です。番組の人気や知名度を高めることで、スポンサーの獲得につながるでしょう。

「どっちの料理ショー」は、多くの人に愛された番組です。その復活を実現するために、番組制作者や視聴者一人ひとりが協力していく必要があるでしょう。

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました