スポンサーリンク

[本ページにはPRが含まれています]

なかやまきんに君の「どっちなんだい?」の元ネタを解説!「やるのかやらないのかい」や筋肉ルーレットのネタを考察

この記事は約8分で読めます。

なかやまきんに君の「どっちなんだい」というフレーズの元ネタは、アニメ『機動戦士ガンダム』のキャラクターである「シャア・アズナブル」に由来しているといわれています。

シャア・アズナブルは、「赤い彗星」として知られ、赤い尖ったマスクがトレードマークのキャラクターであり、その特徴的な声やセリフがファンに親しまれています。

「どっちなんだい」というフレーズは、シャアが何かに疑問を呈する際に使われるセリフの一部であり、彼のキャラクターの特徴的な言葉遣いとして親しまれています。

このセリフは、アニメファンやインターネット上でのミームとしても広く知られており、さまざまなコンテキストで使われています。

この記事ではなかやまきんに君の持ちネタについてまとめています。

スポンサーリンク

なかやまきんに君の「おい俺の筋肉 どっちなんだい」のネタせりふのコピペ文

なかやまきんに君の「おい俺の筋肉 どっちなんだい」のネタのせりふは、以下のとおりです。

きんに君

おい、俺の筋肉!

大きいのがいいのか?

小さいのがいいのか?

どっちなんだい?

筋肉

大きいほうがいい!

きんに君

なるほど、大きいほうがいいのか。

じゃあ、もっと大きくするぞ!

(きんに君は、筋肉を鍛えるトレーニングを始める。)

筋肉

小さいほうがいい!

きんに君

えっ、小さいほうがいいのかい?

じゃあ、小さくしてやる!

(きんに君は、筋肉をほぐすストレッチを始める。)

筋肉

大きいのがいい!

きんに君

(また筋肉を鍛えるトレーニングを始める。)

(筋肉は、きんに君の行動に困惑し、首をかしげている。)

きんに君

(筋肉に向かって)

おい、俺の筋肉!

どっちなんだい?

筋肉

(困惑しながら)

どっちでもいい!

きんに君

(呆れたように)

どっちでもいいのか。

じゃあ、俺が決める!

(きんに君は、筋肉を抱きしめて)

俺の筋肉は、俺が決める!

(きんに君は、筋肉を鍛え続ける。)

このネタは、筋肉を鍛えるきんに君と、その筋肉の間で繰り広げられるやり取りが面白さのポイントです。

筋肉は、大きいほうがいいのか、小さいほうがいいのか、と迷っている様子。一方、きんに君は、筋肉を大きくしたい、小さくしたい、とその都度考えを変えています。

そんなふたりのやり取りを、きんに君の迫力ある演技で表現することで、笑いを誘っています。

また、このネタは、筋肉を鍛えるきんに君の姿を、まさに「パワー」あふれるものに見せつけています。

きんに君の筋肉は、大きいだけでなく、しなやかで、力強い。

そんな筋肉を抱きしめて「俺の筋肉は、俺が決める!」と叫ぶきんに君の姿は、見る者に大きな感動を与えますよね。

スポンサーリンク

なかやまきんに君の「やるのかやらないのかどっちなんだい」のネタのせりふコピペ

なかやまきんに君の「やるのかやらないのかどっちなんだい」のネタのせりふは、以下のとおりです。

きんに君

やるか、やらないか、どっちなんだい?

観客

やります!

きんに君

なるほど、やるんだ。

(きんに君は、トレーニングを始める。)

観客

やらないよ!

きんに君

えっ、やらないのかい?

(きんに君は、トレーニングを中断して、観客に詰め寄る。)

やるか、やらないか、どっちなんだい?

観客

やります!

きんに君

なるほど、やるんだ。

(きんに君は、再びトレーニングを始める。)

(このやり取りが、何度か繰り返される。)

観客

やります!

きんに君

なるほど、やるんだ。

(きんに君は、トレーニングを終えて、観客に告げる。)

じゃあ、やれよ!

(観客は、拍手や歓声で応える。)

このネタは、観客ときんに君との間で繰り広げられるやり取りが面白さのポイントです。

観客は、最初は「やります」と答えますが、きんに君に詰め寄られて「やらないよ」と答えてしまいます。

そして、きんに君が「やるか、やらないか、どっちなんだい?」と聞くと、また「やります」と答えます。そんなふたりのやり取りが、コミカルで笑いを誘っています。

また、このネタは、きんに君の「やれよ!」という一言が、観客のやる気を奮い立たせる効果があります。

きんに君の迫力ある演技で放たれる「やれよ!」という一言は、観客の心に響き、何かを成し遂げようとする気持ちを引き出します。

このネタは、2004年に放送されたバラエティ番組「エンタの神様」で披露されたもので、当時大きな反響を呼びました。

今でも、きんに君の代表的なネタとして、多くの人々に親しまれています。

スポンサーリンク

なかやなきんに君の「どっちなんだい」の返し方はどういったら正解なのか?

なかやまきんに君の「どっちなんだい」の返し方には、正解も不正解もありません。

きんに君の「どっちなんだい」は、相手に選択肢を与える質問ではなく、相手を困らせるための質問です。

そのため、相手がどのような答えを返しても、きんに君は「なるほど、そっちか」と返します。

しかし、笑いを誘う返し方としては、以下のようなものが挙げられます。

  • どちらか一方に決められない答え

例えば、「大きいのがいいのか、小さいがいいのか?」という質問に対して、「どっちも一緒」と答えると、きんに君は「どっちも一緒か。じゃあ、どっちでもいいのか」と返します。

この答えは、どちらの選択肢にも乗らないため、きんに君を困らせることができます。

  • 意外な答え

例えば、「やるか、やらないか、どっちなんだい?」という質問に対して、「うーん、やるかやらないか、どっちでもいい」と答えると、きんに君は「どっちでもいいのか。じゃあ、やれよ!」と返します。

この答えは、きんに君の期待に反する答えのため、笑いを誘うことができます。

  • ボケる

例えば、「おい、俺の筋肉!大きいのがいいのか、小さいがいいのか?」という質問に対して、「どっちもどっちで、どっちでもいい」とボケると、きんに君は「どっちでもいいのか。じゃあ、俺が決める!」と返します。

この答えは、きんに君の期待を裏切るボケのため、笑いを誘うことができます。

もちろん、これらの返し方以外にも、さまざまな返し方があります。大切なのは、きんに君を困らせたり、笑わせたりできる答えを考えることです。

なかやまきんに君の「筋肉ルーレット」のセリフコピペ

なかやまきんに君の「筋肉ルーレット」のセリフは、以下のとおりです。

はい、みなさん、こんにちは。

なかやまきんに君です。

今日は、特別なネタを披露したいと思います。

それは、筋肉ルーレットです。

なかやまきんに君が筋肉ルーレットをするの画像
参照:https://natalie.mu/owarai/news/48539
なかやまきんに君が筋肉ルーレットをする

筋肉ルーレットは、私の筋肉をルーレットのように回して、

止まった筋肉の動きをするというものです。

では、早速やってみましょう。

おい、俺の筋肉!

止まったら、何をする?

胸筋が止まった!

じゃあ、胸筋でバーベルベンチプレスをやるぞ!

なかまやきんに君がバーベルベンチプレスをするの画像
参照:https://www.appbank.net/

背筋が止まった!

じゃあ、背筋でデッドリフトをするぞ!

なかやまきんに君がデッドリフトをするの画像
参照:www.appbank.net

腹筋が止まった!

じゃあ、腹筋でクランチをするぞ!

なかやまきんに君がクランチをするの画像
参照:esse-online.jp

腕が止まった!

じゃあ、腕でダンベルカールをするぞ!

なかやまきんに君がダンベルカールをするの画像
参照:instagrammernews.com

こうやって、筋肉ルーレットを続けていくと、

あっという間に筋肉が鍛えられます。

みなさんも、ぜひやってみてください。

では、また次回。

このネタは、きんに君の鍛え上げられた筋肉を、コミカルなやり取りとともに披露するものです。きんに君の迫力ある演技と、筋肉の動きがシンクロした動きが、笑いを誘います。

また、このネタは、筋肉を鍛えることの楽しさを、視聴者に伝える効果があります。

きんに君が筋肉ルーレットを楽しみながらトレーニングに励む姿は、視聴者のモチベーションを高め、筋肉を鍛える意欲を掻き立てます。

このネタは、2008年に放送されたバラエティ番組「あらびき団」で披露されたもので、当時大きな反響を呼びました。

今でも、きんに君の代表的なネタとして、多くの人々に親しまれています。

まとめ

テレビを見ていて、なかやまきんに君が出てくるとなんだかホッとしてしまいます。

いつものネタかとは思うんですが、何度見ても飽きないんですよね(^O^)/

まとめとしてプロフィールを載せておきます。

なかやまきんに君のプロフィールは、以下のとおりです。

  • 本名:中山 翔二(なかやま しょうじ)
  • 生年月日:1978年9月17日
  • 出身地:福岡県福岡市東区
  • 身長:177cm
  • 血液型:A型

きんに君は、1978年9月17日に福岡県福岡市東区に生まれました。高校卒業後、ボディビルダーを目指して渡米し、サンタモニカ・カレッジ運動生理学部で学びました。

2000年に帰国後、ピン芸人としてデビュー。2004年に「エンタの神様」で披露した「おい、俺の筋肉!大きいのがいいのか、小さいがいいのか?」のネタでブレイクしました。

その後も、「やるか、やらないか、どっちなんだい?」「筋肉ルーレット」などのネタで人気を博し、お笑い界を代表する芸人の一人となりました。

また、ボディビルダーとしても活躍し、2007年に「マッスルビーチインターナショナルクラシック」で優勝しました。

2021年末に吉本興業を退社し、フリーランスとして活動しています。

さらなるご活躍期待していますよ!なかやまきんに君。

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました