スポンサーリンク

[本ページにはPRが含まれています]

なぜハロウィンは10月31日なのか?由来は?いつからいつまででなぜ仮装するのか解説

この記事は約3分で読めます。

なぜハロウィンが10月31日なのかと言うと、古代ケルト人にとって1年の終わりであった10月31日に開いていた「サーウィン」という祭が起源となっているからです。

今回は、そんなハロウィンについて3つことを解説していきます。

・なぜハロウィンは10月31日なの?

・ハロウィンの由来は?

・ハロウィンはいつからいつまでで、何故仮装するの?

スポンサーリンク

なぜハロウィンは10月31日なの?

冒頭でも軽く解説しましたが、もう少し深掘りして解説していきます。

ハロウィンは、2000年以上前にヨーロッパの古代ケルト人が行っていたサーウィンという祭が起源となっています。

古代ケルト人は、秋の収穫が終わる10月31日を年末と捉えており、11月1日が年始として考えていました。

そして、その10月31日はあの世から死者の魂が帰ってくる日としており、同時に悪霊も一緒にやってきて作物に悪い影響を与えるなどと悪さをすると考えていました。

ハロウィンの起源であるサーウィン祭は、10月31日の秋の収穫を祝い、悪霊を追い払う宗教的な行事として行われてたのです。

なるほど、だからハロウィンは10月31日なんですね。

スポンサーリンク

ハロウィンの由来は?

ハロウィンの起源であるサーウィン祭については解説したので、次はどのようにして現代のようなハロウィンになっていったのか由来について解説していきます。

サーウィン祭自体は、西ヨーロッパの古代ケルト人だけの行事でした。

それを、西ヨーロッパに進出したキリスト教徒に発見されることで、どんどんと広まることになります。

キリスト教徒はサーウィン祭とキリスト教の「諸聖人の日(All Hallowsオール・ハロウズ)」を繋げ始めたのです。

ちなみにオール・ハロウズは11月1日に諸聖人へ祈りを捧げる日のことです。

この頃からサーウィン祭は諸聖人の日の前夜祭として結びつけられ「All Hallows Eve(オール・ハロウズ・イブ)」と呼ばれるようになりました。

この後オール・ハロウズ・イブは、19世紀頃に移民によって北アメリカに持ち込まれました。

そして、どんどん名称が訛っていき現代の「Halloween ハロウィン」と呼ばれるようになりました。

スポンサーリンク

ハロウィンはいつからいつまでで、何故仮装するの?

日本のハロウィンは10月31日の1日だけですが、海外ではそうではない国もあるみたいです。

例えば、キリスト教では11月1日を「諸聖人の日」としており、そして11月2日を「死者の日」としています。

この2日間を含めた10月31日〜11月2日までをハロウィン期間としている国もあります。

宗教などによって、ハロウィン期間は若干異なったりしますが、10月31日はほとんどの国でハロウィンとされています。

そしてなぜ仮装するかと言うと、古代ケルト人が10月31日のサーウィン祭で寄ってくる悪霊から身を守るために仮装していたのが始まりです。

悪霊や魔女のような格好をすることによって、仲間だと思わせて自分の身を守るようです。

そして、19世紀にアメリカにハロウィンが伝わった際に娯楽性の高い行事へと進化し、映画や漫画のキャラクターのコスプレなども楽しまれるようになりました。

まとめ

今回はハロウィンについてまとめてみました。

2000年も前の時代の行事がこうして現代に形を少し変えながら受け継がれるのですから面白いですよね。

日本ではかなり特殊な形でハロウィンを楽しむ方が多いですが、これもまた何十年後には形を変えているのでしょうか。

日本のハロウィンは、ハメを外しすぎる方もチラホラ見られるので、これ以上激しい方向へ変化しなければいいなと個人的には思います笑

常識の範囲内で、ハロウィンを楽しみましょう!!

トリック・オア・トリート!

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました