スポンサーリンク

[本ページにはPRが含まれています]

生まれた時の様子の書き方例文を公開!

この記事は約5分で読めます。

驚くべき速さで成長している我が子が、気づけば中学生になっていました。

毎日が忙しく過ぎる中、最近宿題として「生まれた時の様子を書いてきなさい」という課題が出されたそうです。

どのように書いたら良いのか、考えるのは難しいことでしょう。

そこで、同じ宿題をもらった中学生がどのようにアプローチしたか、その例文を交えながら詳しくお話しします。

スポンサーリンク

生まれたときの様子の書き方例文4つ

いきなり「生まれてきた瞬間の描写を書いてこい」と言われても、どうしたら良いのか全く分からないですよね。

そこで、わかりやすい例文を3つご紹介しますので、参考にしてください。

名づけ理由を元にする

私が産まれた日。

その日は非常に暑く、雲ひとつない青空が広がっていました。

予定日を過ぎても陣痛が訪れず、父とは昼食に焼肉を楽しむことになりました。

帰り道でお腹が痛みだしたものの、母は「陣痛はこんな感じじゃないはず」と思い込み、家に戻ってお昼寝をしました。

ところが、痛みで目が覚め、陣痛の間隔を計ってみると5分間隔でした。

急いで病院に連絡し、あっという間に私は誕生しました。

初めての出産だったにもかかわらず、出産までの時間が非常に短かったため、助産師さんも驚いたそうです。

そして、生まれた日の美しい青空から、私は「青空(そら)」と名付けられ、その空のような清らかな心を育むこととなりました。

出産の様子を元に書く

私の母は、非常に痛みに弱いため、赤ちゃんを産む際は無痛分娩を選択しました。

妊娠中、無痛分娩ができる病院を検索しました。

そのためには大きな病院が必要で、結局隣町の大学病院での出産を決断しました。

出産の日も病院で予定され、ワクワクしながらその日を待ちました。

父は休みを取って朝から母をサポートしたそうです。

無痛分娩は痛みが少ないものの、無事に赤ちゃんが生まれてくるかどうか、ずっと緊張していたとのこと。

そして、私が生まれた瞬間、母と父は喜びのあまり大泣きしたそうです。

初めての抱っこは父が行い、その瞬間、母がお腹の中で大切に育ててくれた感謝の気持ちと、これから守るべき家族が増えた責任感で身の引き締まる思いがあったそうです。

妊娠がわかった時からの様子を書く

妊娠が分かった瞬間、母は激しいつわりで食べ物や飲み物が口にできなくなり、入院することになりました。

船に揺られているかのような感覚で、辛さに耐えきれず毎日泣いていたそうです。

そして、つわりが収まると、今度は食欲が抑えきれずたくさん食べられることに喜びを感じる一方で、太りすぎないようにというプレッシャーが増していたとのこと。

検診のたびにエコーで見る赤ちゃんの成長が嬉しく、家では毎日エコーの写真を見て過ごしていました。

しかし、唯一の心配事がありました。

それは逆子が治りにくかったことです。

逆子体操を試してもなかなか改善せず、それに苦しんでいたそうです。

最終的に逆子が治らず、帝王切開となりました。

お腹を切る恐怖との戦いの末、無事に出産しました。

初めて聞く赤ちゃんの泣き声に、つわりの苦しみと安堵の思いが交錯し、母は涙が止まらなかったそうです。

スポンサーリンク

中学生の「命の授業」での宿題の考え方

生まれた瞬間の描写をどのように伝えるか、イメージは掴めましたでしょうか?

この場では、生まれた瞬間のエピソードに関するアイディアを具体的な例文とともに紹介していきます。

初めて子供を抱っこしたときの様子を書く

おなかの中で過ごしていた我が子を初めて抱っこする瞬間は、きっと一生忘れられないでしょう。

そして、その瞬間にはさまざまな感情が交錯していたことでしょう。

その時の様子を振り返り、初めて抱っこした瞬間に親が抱いた感情を文章にするのも素晴らしいアイデアですね。

子供の名前の由来やなんでその名前にしたのか書く

命名は、子供への最初の贈り物です。

名前をつけるのは必ずしも親に限りませんが、その名前には子供への思いが込められています。

名前の由来にまつわる素敵なエピソードを綴ることもお勧めです。

妊娠中に考えていたこと、感じたことを書く

妊娠中はさまざまな体調の変化に悩む方が多いものです。

そして、お腹が日に日に大きくなる様子を見ながら、親はさまざまな感情を抱いていたでしょう。

生まれた瞬間の様子を描く課題は、そんな親の思いを子供に伝える素晴らしい機会でもあります。

妊娠中に親が感じた思いを、ぜひ伝えてみてください。

スポンサーリンク

中学生の命の授業をする意味は?

多忙な毎日の中で、なぜこんなに難しい宿題を課すのかと疑問に思う親もいるでしょう。

実は、自分のルーツを理解することが安心感や自己評価を向上させる手助けになります。

ここでは、その重要性について詳しくご説明します。

自分の生まれてきたルーツを知る

自分のルーツを理解することは、その時の親の感情も理解する手助けとなります。

これにより、安心感を得ることができます。

愛されて産まれてきたんだと知ることが大事

生まれた瞬間の様子を理解することは、愛情に包まれて誕生した経緯を知る機会です。

出生前から愛され、期待されて生まれてきたことを理解することで、自己評価が向上しますね。

生まれてきた時の様子を書くときに注意したいこと

ネガティブなことを書かない

妊娠期間中は体調の変化から様々な問題が生じることがあります。

ネガティブな考えに囚われがちですが、それ以上にポジティブな感情もあったことを伝えましょう。

シンプルに伝えることをイメージする

出産は親の深い感情が込められています。

ただし、無駄に長々と書きすぎると、大切な感情がうまく伝わりにくくなります。

できるだけ要点をまとめ、簡潔な表現で伝えるように努めましょう。

まとめ

中学生が生まれた瞬間について記述する宿題が出たときのエピソードについて、例文も交えてお話ししました。

注意点は2つありますね。

  1. ネガティブな感情は極力避ける
  2. 簡潔な表現を心がける

出産のエピソードは個々の子供の独自のルーツであり、それぞれ異なります。

お子さんには、自身が愛されて誕生してきたことを再確認し、自己評価が向上するような素敵なエピソードを伝えてくださいね。

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました