スポンサーリンク

[本ページにはPRが含まれています]

おみくじの相場や商売とは?違いや宝くじにも当てはまるのか解説

この記事は約5分で読めます。

おみくじの中で触れられている『相場』とは、株式、為替、仮想通貨など、投資や金融商品に関する運勢のことです。

これは主に子供たちには関係のない話題です。

おみくじは様々な人が利用するため、人生に影響する可能性のある項目に焦点を当てています。

大人であっても、株や金融商品には興味がない場合、『相場』に関連する部分は無視しても問題ありません。

スポンサーリンク

おみくじの相場の意味は?

おみくじの表現は、なんだか特異なんですよね。

相場の運勢についての言い回しは見慣れなく、理解しにくい表現があります。

相場でよく見られる言葉の意味を紹介しますね。

売れ

手持ちの株や金融商品を売却すると利益が出るでしょう

好機

取引のチャンスが巡っています

山気を出すな

大きな事業に手を出そうとする人は山師と呼ばれます。

山師が大きな儲けをしようとすることを山家と言います。株などの取引で、急に大きな利益を得ようとするのは避けるべきです。

手放せば不利

手持ちの株や金融商品を売却すると損をする可能性がある

待て 日を選べ

行動を起こそうとしている場合、慌てずに取引に適した日を選びましょう

見合わせ今が大切

現在は様子を見て検討するべきで、状態を維持することが重要

買え 今が最上

現在が最も良い時期なので、購入するべき

買え 大利あり

現在購入すれば大きな利益が期待できる

買え 先で利あり

今購入しておけば将来的に利益が得られる

利有れど身を過つ

利益を得る可能性はあるが、冒険すれば危険が伴う

手離せば不利

現在所有している株や金融商品はそのまま保持するべきで、売却しない方が良い

今こそ動かす時

手持ちの株や金融商品に迷っている場合、今売却すれば良い方向に進む可能性があります

思いきれ 大利あり

迷っている取引があるなら、思い切って行動すれば大きな利益が得られるでしょう

スポンサーリンク

おみくじの商売の意味は?

相場の部分では、景気や株式市場の変動を指し示すことが一般的です。

一方で、商売に関連する項目では、広く仕事全体を指すことが一般的です。

これには商品だけでなく、情報、教育、医療、介護など、あらゆる分野で金銭が絡む活動が含まれます。

また、商売は時折『商い』と表記されることもあります。

以下に、おみくじの文例を紹介します。

・運気が盛んで、物事を進めるのに適していますが、細かい点にも気を配り、一度考えたことに固執し、一心に進んでください。何事も成功するでしょう。

・長い悩みも時が経ち、自然に解決され、春の花が咲くように徐々に好転していく運命です。

中吉

・最初は難しい問題がありますが、後には良い方向に向かうでしょう。深くため息をつく前に、慎んで行動し、その後は思い通りに進むことでしょう。

・自分と他人を思いやり、社会に奉仕すれば、他の場所で困難があっても、あなたの場所は幸せで満ちているでしょう。

・月明かりの海で船をこぐような不安定な状態かもしれませんが、やがては金波や銀波の輝きが広がるでしょう。

末吉

長い間の忍耐が実り、広々とした、明るい未来が開け、幸せは目前に待っています。急がず、最後の辛抱をすることが重要です。

スポンサーリンク

おみくじの相場と商売の違いは?

おみくじの中には、相場に加えて『商売(商い)』という項目も存在します。

両方には『売れ』『買え』『大利あり』など、似たような表現が見受けられますね。

商売(商い)では、主に店舗経営に関する運勢を知ることができます。

たとえば、

  • 相場の『買え』→株や金融商品で気に入ったものを購入
  • 商売の『買え』→気になる商品を仕入れろ といった具体例を挙げると、同じ言葉でも異なる意味合いが現れます。

ただし、現代社会では多くの人が企業に所属し、サラリーマンとして働いています。

『仕事運』に関する項目が占いにはあまり見当たらないことがありますね。

おみくじの形が広く受け入れられるようになったのは鎌倉時代で、江尾時代に庶民に浸透したと言われています。

当時は身分制度が存在し、仕事は世襲制度に従っていた時代で、商売においても売上や店の繁栄に運勢を気にしていたようです。

しかし、仕事に関しては運気の上昇やキャリアアップなどがあまり重視されず、おみくじの項目には採用されなかったようです。

そのため、古くからのおみくじには『仕事運』という項目は存在しないのです。

ただし、一部の人は『商売=仕事』として、自身の仕事運に結びつけることもあるようです。

おみくじの相場は宝くじにも通用する?

残念ながら、相場の動きは宝くじの運勢には影響を与えません。

宝くじもまた『くじ』の一形態であり、くじが当たるかどうかは相場の動向では予測できません。

たとえば、おみくじに『金運上昇』や『臨時収入あり』といった言葉が記されていた場合、またはおみくじが『大吉』であった場合、全体的な運気が上昇し、宝くじが当たる可能性が高まるかもしれませんね。

まとめ

おみくじの相場と商売は若干違います。

相場:株など

商売:店舗経営など

なので、株とか投資に興味がない、買っていないのであれば相場の項目はそこまで気にする必要はないですね。

おみくじはいろんな項目があるのでこの機会に覚えておくとよいでしょう。

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました