スポンサーリンク

[本ページにはPRが含まれています]

なぜ3年前の服を着てはいけないのか?古い服は波動が下がる?波動が上がる服とは?

この記事は約3分で読めます。

「3年前の服は着ちゃダメって言われたけどなんで?」

なぜかというと、基本的に服の寿命は3年だと言われているからです。

また、風水的にも悪い気が溜まっているとされ運気が下がってしまうとされています。

今回はそんな服に関して3つことを解説していきます。

・なぜ3年前の服を着てはいけないの?

・古い服は波動が下がる?

・波動が上がる服とは?

スポンサーリンク

なぜ3年前の服を着てはいけないのか?

冒頭の通り、3年前の服を着てはいけない理由は服の寿命が大体3年であるからです。

あまり着ていない服だとしても一緒です。

あまり着ずに保管していたとしても、知らず知らずのうちに服は傷んでいくのです。

また、服のトレンドもガラッと変わっている可能性があり、会った相手に古臭い印象を与えてしまう恐れもあります。

よく着る服で3年前の服なんてもってのほかです。

トレンドも変わってヨレヨレな服になってしまっている可能性が高く、相手にいい印象なんて絶対に与えられません。

その時点であなたは良い出会いを逃す可能性があがり、風水的にも運気が下がってしまうと言われるとその通りだと感じますよね。

ただ、服は本人が好きなものを着るのが1番いい気がします。

自分が好きなものを着ることは、気持ちをポジティブにして運気も上がると思います。

また、古着でトレンドが過ぎ去った服でも、着る人のセンス次第で素敵な服に生まれ変わります。

スポンサーリンク

古い服は波動が下がる?

スピリチュアルな話ですが、ネットの一部では古い服は、波動を下げると言われています。

まず波動とは、運気を含むパワーのようなものでしょうか。

古い服が必ず波動を下げるという説ですが、これは個人差があると思います。

節約のために古い服を残したり、古着を買ったりしていると波動は下がると思います。

理由としては、先ほどを同じ理由で運気が下がってしまうからです。

ただ古着が好きな方は、古着を着ることで気持ちが明るくなり運気が上がると思われます。

なので、無理に古い服を捨てるようなことはしなくても良いと思います。

スポンサーリンク

波動が上がる服は?

私達に影響を与える服の波動は3つの要素で決まります。

それは、服の色・素材・デザインです。

一つずつ詳しく解説していきます。

何色の服が波動をあげるの?

私達の気持ちを1番ネガティブにさせる色は黒色で、そこから順に

黒→灰→茶→紫→深緑→赤→オレンジ→ピンク→青→黄色→白

の順番で私達の気持ちをポジティブにさせます。

なので、波動を上げたい時に色に迷ったら白を選べば無難でしょう。

ちなみに、赤色は中立で、あなたの素が1番出やすい色だとされています。

どんな服の素材が波動を上げるの?

素材によっても波動は変わり、ナイロンなどの化学繊維は人をネガティブにさせてしまうようです。

それと比べて綿や麻シルクなどの自然素材は着る人にポジティブな影響を与えるとされているようです。

しかしウールは羊が育った環境が良いものか悪いものかによって分かれるようです。

どんなデザインの服が波動を上げるの?

服のデザインが服の波動に関わっていると言っても、襟や袖の有り無し、または半袖か長袖かは波動には関係ありません。

服に施されるプリントなどが波動に影響するのです。

服の波動を悪くさせるプリントはナイフなどの尖った印象を与えるプリントです。

逆に水玉などの丸みのあるプリントは波動が良くなります。

まとめ

今回は服についての少しスピリチュアルな内容をまとめてみました。

古い服やデザインなどによって、着る人に悪い影響を与えることもあるみたいですね。

私個人的の意見としては、着る人が着たい服を切るのが、その人を一番イキイキとさせ良い影響があると思います。

なので、あまり神経質に考えずに「着たい!」と思った服を着るのがいいと思います。

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました