Vet会が開かれました!

11月19日、またまたVet会が開かれました。今回のテーマは「ねこの腫瘍」と「輸血」です。最近、新しくねこちゃんを飼われる方の数がわんちゃんを飼われる方の数を上回ったそうです。今までわんちゃん主体の傾向が強かった獣医療ですが、いよいよねこちゃんにスポットを当てたセミナーが増えてきています。「ねこはちいさないぬじゃない」といいますが、病気においても同じです。それぞれの特色にあった診断、治療、予後判定をしていくことが大切です。また、日常的に行われている輸血、これもなかなか奥が深く、より確かな知識の必要性を実感しました。今月は毎週のようにVet会が開かれます。忙しい時間の合間ですが、基礎知識を固める有意義な時間となっています。

トラックバック・ピンバックはありません

トラックバック / ピンバックは現在受け付けていません。

現在コメントは受け付けていません。