久々です!院長コラム~眼科編

「赤い眼」に注意

「眼は内蔵の鏡」「眼は口ほどに物を言う」といわれるほど多くのことを語ります。
食欲元気があり、ただ眼が赤いだけ?の場合、多くは「軽い結膜炎」程度ですまされることが多いですが、実は多くの怖い病気の前兆でもあります。
緊急性が高い病気は緑内障です。高眼圧で24時間経過するとほぼ80%視覚を失います。高眼圧は1分1秒を争う状態です。また、眼圧が下がる「ブドウ膜炎」は様々な病気の症状でもあります。①角膜表面が傷つく、角膜潰瘍 ②外傷による挫傷 ③内臓疾患 ④悪性腫瘍 等々様々な場面で低眼圧になります。
私たちは「眼が赤い」と様々なことをよく考え、しかるべき検査を実施して原因を追及します。
 それは 「赤い眼」→失明、死に至る病気の疑い だからです

何をしているのでしょうか?

次回、この写真の謎が明らかになる!・・・かも?

トラックバック・ピンバックはありません

トラックバック / ピンバックは現在受け付けていません。

現在コメントは受け付けていません。