うさぎの飼い方「病気」編

うさぎの飼い方「病気」編

ウサギは大変デリケートな動物で、病気のほとんどが不適切な飼養管理により発症しま す。主な病気について説明します。

歯の不正咬合
原因:ウサギの歯は、切歯(前歯)も臼歯(奥歯)も一生伸び続けます。野菜やペレット中心 の食餌や遺伝および事故などで一度歯の咬み合わせが悪くなると、内側や外側に伸びて舌や頬を傷つけます。
症状:とがった歯によって舌炎・口内炎が 起きて出血したり、食欲不振になったり、よだれがたくさん出ます。
予防:歯を使わなければ食べられない牧草を多く与えます。このことによって、歯 と歯の摩擦により伸びすぎが防げます。
治療:ウサギは痛みに弱く大変デリケートな動物なので、麻酔をかけて口をあけ削ります。

毛球症(胃 腸機能低下症)

原因:毛づくろいのときやストレスで毛をむしったときに、毛を飲み込んで、胃の中に毛が多くたまり、固まってしまいます。繊維の少 ない食物を与えているときによく起こります。
症状:急に食欲がなくなり、糞が小さくなったり出なくなったりします。
予 防:ブラッシングでむだ毛をとります。牧草を多めに与え、胃腸の運動を活発にし、毛の流れをスムーズにします。
治療:補液・整腸剤・食欲増進剤・ 野菜ジュースの給餌で改善がなけれは、入院にて静脈内点滴が必要です。重度のときは手術で胃内の毛玉を摘出しなければいけません。

スナッフル(鼻 かぜ)
原因:不適切な飼育環境、旅行等の輸送ストレス、精神的なストレスにより免疫力・体力が低下し、パスツレラ菌等細菌感染により発症します。
症 状:鼻汁が出たり、くしゃみをします。パスツレラ菌は伝染病なので他のウサギにも感染し、ひどくなると肺炎・中耳炎・斜頚を起こして命をおとすこともあり ます。
予防:環境を整え、そのウサギを隔離し、使っていたケージを消毒します。
治療:抗生剤の投与を中心に点眼・点鼻を実施します。改善 が無い場合は静脈内点滴・ネブライジング(抗生剤噴霧治療)で強力な治療が必要です。油断をすると死に至る怖い病気です。

耳ダニ

原因:ウ サギキュウセンコウヒゼンダニ(耳疥癬虫)により外耳炎を起こします。
症 状:耳の中にフケの様なものや、黒いゴワゴワしたかたまりがみられ、いやな臭いがしてウサギはすごくかゆがります。耳をかいたり、左右に振ったりするとき は、耳の中をのぞいてみてください。
予防:他のウサギにうつらないように隔離して、ケージやウサギの居場所を清潔にします。よく手を洗ってから他 のウサギにさわってください。
治療:ダニ駆虫薬を週に1回、計3~4回駆虫します。その間外耳道に付着した汚れを定期的に除去します。

トラックバック・ピンバックはありません

トラックバック / ピンバックは現在受け付けていません。

現在コメントは受け付けていません。