日本動物病院福祉協会(JAHA)認定病院
世界動物病院協会
日本動物病院会(NAHA)
日本小動物歯科研究会
 
 
  カテゴリー ‘院長コラム’ のアーカイブ

久々です!院長コラム~眼科編

「赤い眼」に注意 「眼は内蔵の鏡」「眼は口ほどに物を言う」といわれるほど多くのことを語ります。 食欲元気があり、ただ眼が赤いだけ?の場合、多くは「軽い結膜炎」程度ですまされることが多いですが、実は多くの怖い病気の前兆でもあります。 緊急性が ...

セミナー報告~整形外科~最終回

整形外科の実習セミナーに行ってきました。~つづき~  腹部の超音波検査でまず肝臓を確認してから胆嚢を見つけ出して観察します。胆嚢は消化に必要な体液を貯蔵しておく鶏卵大くらいの袋です。正常なさらさらした液体なのでエコーでは黒く見えます。しかし ...

セミナー報告~整形外科~Vol.3

整形外科の実習セミナーに行って来ました。~つづき~ 最近多い手術があります。前回ご紹介した外科は軟部と整形外科に分かれるという話をしましたが、その中の軟部外科で、「胆嚢摘出術」です。以前は胆嚢疾患は滅多に発見されず、レントゲンで明らかな胆石 ...

セミナー報告~整形外科~ Vol.2

整形外科の実習セミナーに行って来ました。~つづき~ この手術は大変特殊な器具を用い、0.1㎜単位の誤差も許されない繊細な手術のため本やDVDでは学べません。そこで開院4年目から東京の大学病院の外科学教室研修生として週に1回勉強させていただき ...

セミナー報告~整形外科~ Vol.1

 先日、整形外科の実習セミナーに行って来ました。外科は大きく分けて軟部外科と整形外科に分かれます。軟部外科は主に皮膚表面の腫瘍やお腹の中の臓器を対象とした手術で、整形外科は骨折や脱臼、椎間板ヘルニア等の物理的に除去や再建をする手術です。 当 ...

セミナー報告~眼科~

1/11.12と東京で開催された眼科セミナーに参加してきました。眼科は当院では力の入れている分野の一つで、大変奥の深い科目のです。動物は人間のように「眼が痛い」とか「眼がかすむ」などと細かく伝えてくれません。症状としては「眼が細くなってい ...

うさぎの飼い方「病気」編

うさぎの飼い方「病気」編 ウサギは大変デリケートな動物で、病気のほとんどが不適切な飼養管理により発症しま す。主な病気について説明します。 歯の不正咬合 原因:ウサギの歯は、切歯(前歯)も臼歯(奥歯)も一生伸び続けます。野菜やペレット中心 ...

ウサギの飼い方 03 「不思議」編

~治療よりも予防が大切~ ウサギの飼い方 03 「不思議」編 今回はウサギにまつわる不思議についてお話します。 【うさぎに水を飲ませると死ぬ?】 そんなことは絶対ありません。昔はウサギ の食事といったら草や野菜だけで、それらの水分で十分だと ...

ウサギの飼い方 02 「お食事」編

~治療よりも予防が大切~ ウサギの飼い方 02 「お食事」編 ウサギの食事にはこだわってください。病気で来院するウサギの8割は不適切な食事によるものです。 ラビットフード(ペレット)が必要 か議論が分かれます。ラビットフードは絶対に必要とい ...

ウサギの飼い方 01 「ウサギを飼おう」編

~治療よりも予防が大切~ ウサギの飼い方 01 「ウサギを飼おう」編 ウサギを飼う決心がついたら、ペットショップなどで、どのウサギにするかを決めて購入するのが一般的ですが、ウサギを決める前のチェックポイントと迎え入 れる準備が必要です。 ● ...

:: 検索
:: メインメニュー
メルマガ登録
■メールアドレス
■動物種
■動物の年齢
■お住まいの地域
powered byメール配信CGI acmailer
ドメイン指定受信設定などをされている場合は、sakura-komoro.jp からのメールが受信できるように設定変更をお願いします。
:: ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録