日本動物病院福祉協会(JAHA)認定病院
世界動物病院協会
日本動物病院会(NAHA)
日本小動物歯科研究会
 
 
トップ  >  第5回  >  ダイエット
 


ダイエット  動物看護師 小山

今回のさくらスクールでは『ダイエット』ついてお話させて頂きました。 太っている事によって、様々な病気のリスクが高まる原因にもなります。 そこで、ダイエット方法としてオススメするのが『食餌療法』です。

1. フードの回数を少量頻回にする
例えば…
1日量60gだとすると30gx2回、20gx3回と言うように1回分は少なくなりますがわんちゃん、ねこちゃん達は量よりも回数を 多くもらえる事で満足度が得られるといわれています。 このように与える事で太りづらい体へと変えていく事が出来ます。
 

2. 早食いを防ぐ
ガツガツと急いで食べる事も肥満になる原因の一つです。 例えば、お皿の中に突起の付いたものを使ってみるのも一つの手です。突起が邪魔をして急いで食べにくくしてくれます。  

3. おやつのあげ方を工夫する
手でそのままあげるのではなく、ネコちゃんなどはキャットタワーやタンスなどの高さを利用してゲームをしながら与えてみるのはどうでしょうか?

4. いつもの食事量から一つまみ少なくする
一度に半分などにしてしまうと特に肥満気味の猫ちゃんなどは肝臓を痛める原因にもなってしまうので、ほんの気持ち一つまみでいいので減らしてみてはいかがでしょうか?
小さな努力ですが、のちのちの結果へとつながります。

この様にすぐに出来、とても簡単な方法でダイエットしやすい体へと変えていきます。 また、ダイエット成功の秘訣として、

・フードの量をきちんとはかる

・おやつは総カロリーに含める

・体重は週に1度測る
 

私たち飼い主自身の意識を高める事により一緒にダイエットする事が出来ます。
ぜひ、スリムなボディーで長寿を目指しましょう!!


動物看護師 小山 

プリンタ用画面
前
眼の病気
カテゴリートップ
第5回
次
トピックス 2011.10

:: 検索
:: メインメニュー
メルマガ登録
■メールアドレス
■動物種
■動物の年齢
■お住まいの地域
powered byメール配信CGI acmailer
ドメイン指定受信設定などをされている場合は、sakura-komoro.jp からのメールが受信できるように設定変更をお願いします。
:: ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録