膝蓋骨脱臼

膝蓋骨脱臼とは?
 膝蓋骨脱臼は膝にある「膝のお皿」と言われる膝蓋骨が内側や外側に脱臼してしまう疾患です。主な原因は遺伝的な要因によると言われています。膝蓋骨は骨盤と大腿骨から始まる筋肉と靭帯で脛骨とつながっていて、膝を伸ばす役割を果たしています。日本では特にトイプードル、チワワなどの小型犬によく見られる疾患です。


図1 片側の膝蓋骨は正中に位置していますが、他方は内側に偏位しています

 膝蓋骨脱臼は状態により4つのグレードに分かれます。グレードが上がるごとに状態が悪化していきます。よく認められる症状は、足を急に挙げてスキップのような歩き方です。スキップの原因は膝蓋骨が大腿骨の溝から脱臼することによって痛みや違和感で足をあげますが、しばらくすると元の位置に戻って歩き方も正常に戻ることが多いです。軽度のグレードでは全く症状がない動物もいますが、脱臼を繰り返しているうちに膝の軟骨がすり減り、次第に痛みが出てくることもあります。グレードが進行すると正常な位置よりも常に膝蓋骨が脱臼しています。このグレードになると、膝蓋骨につながっている筋肉は固まってしまい、膝を完全に伸ばすことができなくなってしまいます。この状態になると骨の変形が起こったりして、正常な歩行が難しくなります。また、膝蓋骨脱臼があると、膝に負担がかかり、膝の前十字靭帯損傷のリスクがあがります。

治療法は?
 根本的な治療は手術になります。手術が必要になるのは症状があるグレード2以上の動物です。しかし、症状がなくても進行したグレードでは、靭帯損傷や骨変形の予防のために手術を行う場合があります。具体的な手術の内容は、骨の矯正、筋肉や腱の張力の調節、関節包の縫縮などをその動物の状態に合わせて行います。グレードが上がるにつれ手術の難易度も上がりますが、当院では最も状態の悪いグレード4まで対応しています。以下に当院で行った実際の具体的な症例を紹介します。

図2 膝蓋骨のはまる滑車溝を形成した症例 図3 大腿骨のねじれを矯正する為に矯正骨切り術と脛骨粗面転移術を行った症例


図4-a グレード4(最も悪い状態)の膝蓋骨脱臼で左後肢が全く地面に着けられない状態です


図4-b 手術後、左後肢が着くようになり、歩行も可能になりました

また様々な理由により手術を受けない場合は、膝に負担がかからないようにダイエットや滑りにくい床にするなどがせめてもの緩和策になります。それぞれの動物によって膝の状態や麻酔のリスクなどが異なりますので、治療法は獣医師と相談して決めていきます。