小型犬の橈尺骨骨折

トイプードルやチワワなどの超小型犬ではソファーからの落下やドアに腕を挟むことによる前肢の骨折(橈尺骨骨折)が最も多くなっています。
これらの犬種では体格が非常に小さく、橈骨の幅は1cm以下の場合がほとんどでその治療は困難を極めていました。最悪の場合は骨の癒合が上手くいかず、断脚になる場合も多々あります。

しかし、近年LCP(骨折治療プレート)の中でも小型犬向けのシステムが開発され、当院でも導入いたしました。このシステムにより今までうまく治療に導けなかった超小型犬の橈尺骨骨折の治癒率が格段に上がりました。

当院での症例


オーナーさんが抱きかかえているときに落としてしまい、骨折をした1.5kgのチワワの症例です。遠位骨片は長さが7mmしかなかったため、プレートの先端が二手に分かれているLCP1.5コンディラ―プレートを使用しました。



手術後2ヶ月のレントゲン写真です。骨折面で骨癒合が確認されます。また骨折面の整合性や骨の角度も正しい状態で維持出来ています。この後、プレートへの圧力を軽減させるため、スクリューの間引きを行いました。

■症例1
 トイプードル 1歳 体重3kg
 原因:オーナーさんが抱っこしているときに落下
 骨折分類:橈尺骨 骨幹部遠位1/3 単純横骨折
 手術の内容:LCP2.0を使用して骨折を整復


骨折部は橈尺骨 骨幹部遠位1/3


手術直後 橈骨の骨折面が正確に整復されていることを確認


手術2カ月後、骨癒合および骨折面の消失を確認


■症例2
 チワワ 1歳 体重2.0kg
 原因:遊んでいるときにコードに絡まった
 骨折分類:橈尺骨 遠位端 単純横骨折
 手術の内容:遠位部の骨片はわずか7mmしかないため、ロッキングコンディラープレ ート1.5を使用して骨折を整復

骨折部は橈尺骨 遠位端

手術直後 橈骨の骨折面が正確に整復されていることを確認


手術2カ月後、骨癒合および骨折面の消失を確認