骨折治療プレート LCP

骨折の手術方法は骨折の種類や部位によって様々なものがありますが、前後肢の骨幹部骨折には以前からプレートがよく用いられてきました。
プレートの種類も多種にわたりますが、最新のLCP(Locking Compression Plate)は従来のプレートの欠点を克服した骨折治療に最適のシステムとなっています。

従来のプレートはスクリューでプレートを骨に押し付ける摩擦力によって固定性を得ていました。よって、骨膜の血管は障害を受け、骨癒合不全を起こすリスクが高くありました。
しかし、LCPはスクリューとプレートの角度安定性によって骨折部を固定するため、プレートを骨に圧迫する必要がありません。

その結果、骨癒合に重要な骨膜の血流を温存することが可能です。
また、骨片同士を圧迫させて直接的整復を行えるコンプレッション機能も併せもっています。


プレートと骨が密着せずに骨膜の血管を温存


骨のサイズや場所に合わせて様々なLCPがあります