日本動物病院福祉協会(JAHA)認定病院
世界動物病院協会
日本動物病院会(NAHA)
日本小動物歯科研究会
 
 




手術は完全に無菌的に行ないます。動物には毛刈りを行ない、人間の術式と同じ術野の消毒を済ませ、無菌のドレープ(手術用覆い布)を掛けます。完全に滅菌した手術着一式を着た術者(院長)と獣医師の第1助手、動物看護士の第2助手、麻酔担当がチームを組んで手術を行ないます。

鎮痛剤、鎮静剤といった麻酔前処置を行なって不安や痛みを除いてから気管チューブを挿管し、人工呼吸機による調節呼吸下で静脈内に点滴を行ない、本格的な外科麻酔をイソフルレンのガス麻酔で行ないます。

手術中は血圧、電子体温計、心電図を麻酔担当が常にモニターし、聴診器を使って心音・肺音に異常がないかを定期的にチェックします。動物の下には手術用のヒーターマットがしかれ、術中の低体温を予防します。これらの電子機器を利用しつつ、麻酔担当は五感をフルに働かせて麻酔が安全に行なわれるようにしています。

また、術中は3タイプの電気メスを使い、素早く、スムーズな無出血手術を心がけています。

術後はヒーターの入ったICUに入り、手術当日と翌日は鎮痛剤を使用して痛みを除いてあげることによって回復を早めるようにしています。術後48時間は体重、体温と全身の状態を定期的にチェックし、手術の縫合部に異常がないかを調べます。

食欲、元気が出て状態が安定していれば無事、退院です。

なお、高度な外科手術、白内障・緑内障手術、癌の重症例については大学病院(専門医)への紹介(セカンドオピニオン)を行い協力して治療を行っています。


プリンタ用画面

:: 検索
:: メインメニュー
メルマガ登録
■メールアドレス
■動物種
■動物の年齢
■お住まいの地域
powered byメール配信CGI acmailer
ドメイン指定受信設定などをされている場合は、sakura-komoro.jp からのメールが受信できるように設定変更をお願いします。
:: ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録